日本建築・日本の街を考えていきます。(岩井慎悟)


by 100nenya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

京間と田舎間

日本の木造建築の基準モジュールとして畳の寸法が長く利用されてきましたが、畳の寸法は京間や田舎間を始め、地方によって異なっています。
『京間』は別名『本間畳』といい、京都を中心に大阪・瀬戸内・山陰・九州で用いられてきた基本尺で畳の一枚の大きさが長さ6尺3寸×幅3尺1寸5分(1909×955㎜)で、部屋の大きさが変わっても畳一枚の大きさは一定である。
この京間の畳を使った建物の計画(間取り)を『畳割り』と呼び、あくまでも畳の寸法を優先して柱の位置を決めていきます。
だから京間で計画された家同士であれば、6帖の部屋から3帖また8帖の部屋に引っ越したとしても、畳は前に使っていた畳を持っていって使うことが可能です。

『田舎間』別名『関東間』・『江戸間』は、京間の1間=6尺5寸に対して、1間を6尺(182㎝)にとります。で、何より京間と違う点は、田舎間の場合、『柱割り』という柱間(柱と柱の間の心々寸法)を6尺5寸(197㎝)と基準にした建物の計画(間取り)をしていくので、6帖と8帖の部屋では畳のサイズが微妙に違っていて、違う大きさの部屋では同じ畳を敷くことはできません。

また他に『中間(ナカマ)』という、柱の心々寸法1間が、京間の6尺5寸と田舎間の6尺の中間にあるもので、地方によって実寸法が異なっていたりするものもあります。
その他、近畿や中国地方で使用されている『安芸間(アキマ)』、京都御所内で平安時代以降用いられたといわれる畳『御所畳』、中世の上流住宅で使用されたといわれる『昔畳』と呼ばれているものなどあります。

ちなみに、茶室の畳などは、京畳を使用します。
炉の大きさや茶道具のプロポーションは、京畳の大きさ(長さ191×幅95・5㎝)に合わせて決められているので、面積比で20%以上も小さい関東間の畳はこのプロポーションに合わないのです。このため茶室の畳は京畳で考え、最悪の場合でも点前(テマエ)畳は京畳としなければなりません。

畳一つとっても、その時代やその地方、また用途によって違っていて、その違いを見ることで、その土地の風習や感覚、考え方などが見えてくるようでおもしろいですね。
c0061400_023782.jpg

[PR]
# by 100nenya | 2005-04-29 00:02 | 日本の家を考える

座敷の畳

c0061400_0485173.jpg

中世・近世では、居室の床は板敷きが標準であり、将軍や大名は、『置畳』といって広い部屋の一部に寝具や座具として畳を置いて使用していました。
室町時代に書院造りが完成されてからは、小さな部屋から室内全面に畳を敷き詰めるようになり、『置畳』と区別して『敷畳』と呼ばれるようになりました。

畳が敷き詰められた部屋は『座敷』と呼ばれ、畳敷様(タタミジキヨウ)という畳の敷き方の方法も定められました。この畳敷様は祝儀敷と不祝儀敷というハレとケに対応した敷き方の文化を生み出し、今日も座敷の空間特性を決める重要な要素の一つとなっています。

そんな畳は、畳床に畳表を被せて縁を付け、床一面に敷き詰める建築材料で、主に藺草(イグサ)・藁(ワラ)・布などを用いてつくられます。
高温多湿の日本の風土に最も適した床材の1つとして、今日まで広く使用されていますね。
畳床の藁(ワラ)も畳表の藺草(イグサ)も中空のストローのような構造であるため、弾力性・断熱性・保温性に優れ、適度に水分を吸収して乾燥時に吐き出す、湿度調整の機能も併せもっています。
開放的な住まいにとっては長所の多い畳ですが、現代の高気密住宅(特に鉄筋コンクリート造の共同住宅)では、逆に保湿性能の高さがダニの生育条件に適した環境を生み出す可能性もあります。
清潔に感じる現代の家(住まい)の方がシックハウスのような問題が多いようです。
意匠とは本来、その土地の風土や材質など考慮していってたどり着いた答え(知恵)ですから、やはり、とってつけたようなものは欠点を抱えていることが多いですね。

マンションなどの高気密住宅に暮らされていてシックハウスでお困りの方、だからと言って畳のせいにしないで下さい。ただ現代の考え方と、昔の考え方のベースが違っているだけで、マンション業者などはそこまで考慮はしていないのは当たり前です。
マンションなどのこの畳のダニの予防としては、部屋の通気をよくし、春秋の天日干しは無理にしても、畳を少し持ち上げて風を通すだけでも効果はあるので、是非、身体を動かし、現代なりに対策をしてみて下さい。
[PR]
# by 100nenya | 2005-04-26 00:49 | 日本の家を考える

酒倉の造り

c0061400_153894.jpg

伏見の酒倉の造りは、以前に掲載した記事のように、他の蔵の造りのような海鼠壁(なまこかべ)を使わず、外壁は赤黒く塗られた縦板を高く張り上げ、壁の上部(破風と軒下のわずかな部分)は白漆喰が細く塗られています。屋根は桟瓦葺きで、全体的に見ると実用に徹底した簡素な造りになっています。
これが一見地味なようですが、黒白の階調が明快なので、意外に派手さを感じる意匠なのです。
京都の『簡素の美』というか京都の美学を表している一面だと思います。

町家や日本の古い民家でも、日本の建築と言えば、柱や梁などの構造材が露出している真壁つくりという工法になっているものが多いのですが、蔵造りというのは、元来、耐火性という目的があるので外壁はそういった構造材が露出していない造りになっていることが多く、この伏見の酒倉も外部に構造材が露出していない構造となっています。
内部は、逆に真壁の漆喰塗で、柱や梁・また小屋組まで全部露出しています。

伏見の酒倉は、他の蔵とは違い、耐火性はそんなに必要とされなかった為、海鼠壁を使わず板貼りにしていると説明しましたが、ではなぜ、構造材を露出していないかと思う方もいるかもしれませんね。
それはベースとなった土蔵の蔵造りのもう一つの特徴『断熱性』というところに伏見の酒倉は着目し、酒倉に土蔵造りを取り入れ、必要のないところは簡素化したんじゃないかと考えられます。
酒造りは、新米の入荷する11月ごろからで、要するに気温が高くない冬のものです。
断熱性がよければ、酒造りをする期間を前後に延長することが出来る。
そんなことが考えられたんじゃないでしょうか。

四季造と呼ばれるように今の酒造は更に酒造期間を延長できるように、現代的な酒倉へと変わり、今はもう現役でない酒倉も多く、空家やただの倉庫となってしまっている現状は、前回書いたように伏見の酒倉や街並みがマンションへと変わっていくのを更に後押ししています。

本来の目的とは違いますが、酒倉を飲食店に改造しているお店も伏見にはあり、繁盛しているようです。
全ての人が利益のみの考えを捨て、また刹那的な快楽だけの考えを捨てることが出来るのなら、まだまだ現役で活躍できる酒倉もあるのかもしれませんが、それは難しく、そういった『コンバージョン』と呼ばれる建物の用途を変えることで建物にもう一度活気と役割を与える方法も、時には必要なのかもしれませんね。
[PR]
# by 100nenya | 2005-04-20 01:05 | 日本の家を考える

伏見の街

c0061400_0362768.jpg

伏見と言えば、伏見桃山時代の城下町・幕末の寺田屋騒動、そしてお酒といったものが有名で京都以外の方も知っている人は多いと思います。

その元々城下町としてつくられた伏見の街は、天下人(秀吉)の城下にふさわしく、小細工のない整然たる区画でつくられました。そして、その骨格は今もそのまま続いて残っています。

伏見は、高瀬川や宇治川、淀川といった水路によって各地で結ばれた土地で、物資の移動の道であったと共に旅籠・遊廓が繁盛し、各種の問屋が軒を連ね、非常に繁栄した街です。
しかし、明治になり鉄道が敷設されると、船運はたちまちさびれていきました。
その低迷を救ったのが酒造です。

江戸時代初期には80軒以上あった造酒屋も、明治のはじめにはわずか7軒となっていたそうですが、大正から昭和の初期にかけて造酒量が急増していきました。
ですので、今、伏見の街に建ち並ぶ酒倉は、明治末期から大正・昭和初期のごく短期間の間に建てられたものです。

どれもほとんど同じような造りの酒倉が建ち並んでいる街はとても美しく、そして今の私達には、とても日本を感じる風景なのですが、残念ながらマンション業者の進出により酒倉が破壊され中層マンションに変わっていっています。
マンションが建ち並ぶ風景を見て、ノスタルジーを感じる時代が来るのでしょうか?
守っていきたいですね。
日本の姿、日本の風景、そして日本人の心を。
[PR]
# by 100nenya | 2005-04-17 00:37 | 日本の街並みを考える

海鼠壁(なまこかべ)

c0061400_3291974.jpg

蔵造りと言えば海鼠壁(なまこかべ)がつきものです。
蔵は耐火を一つの目的として造られています。
土壁は耐火的に優れていますが、風雨にさらされることによって崩落する危険性があります。
そこで、この海鼠壁という工法が昔から使われています。

海鼠壁という名の由来は、平瓦相互の間にできる目地に漆喰(シックイ)を盛り上げて塗る筋塗りのその断面が、海鼠に似ているからと言われています。
(私の感覚では、それが海鼠に似てるかどうかは微妙ですが、海鼠と言う言葉が、かまぼこ形を意味するのは確かなようです。)

海鼠壁と言ってもその形状はさまざまで、目地が斜めになっている四半張りや、それに変化を加えた四半変形、特殊な瓦を使った青梅波、また亀甲や馬乗り変形といろいろです。
その海鼠壁で地方色が出ていたりもするので、そういった壁だけを取り上げて見るのもおもしろいです。

さて京都の伏見の酒倉には、この海鼠壁がまったくありません。
伏見の酒倉は、土壁の上に縦板を高く張り上げ、海鼠壁と同様に土壁を風雨にさらされて崩落するのを防いでいます。
伏見の酒倉は耐火を目的にした蔵ではないのでそれで十分だったようです。
[PR]
# by 100nenya | 2005-04-14 03:29 | 日本の家を考える

木材の性質2・『銘木』

『銘木(めいぼく)』とは、その名の通り、形状や大きさ、材質などが優れたものや、また入手が困難な天然木や樹種、埋れ木(数百年間という長い年月、地層の中に埋れ半ば炭化した木。神代スギ等。)などのことを指します。
もちろん、値段も高く、高級材として取引されています。
今現在、合板や集成材が多く普及する中で、この銘木をムク材と呼ばれる純真な一枚板で使用することは、ごくごくまれとなってしまいました。
昔の家でも、なかなか銘木をふんだんに使用した建物は多くはありませんが、やはり座敷の床框や床柱、違い棚、また天井板や欄間の幕板などに銘木を使用すると、建物が引き締まります。
また銘木を使用する際は、昔の大工さんなどの技やデザインといった腕の見せ所でもあり、そういった面からでも緊張感があっていいものです。
[PR]
# by 100nenya | 2005-04-12 22:09 | 木材の性質
日本家屋のほとんどは木造で造られています。
その日本家屋に使用されている木材の性質を知ることによって、日本の家の性質が見えてくるかもしれないので、少し書きたいと思います。
c0061400_15304589.jpg

まず一般的によく知られている針葉樹と広葉樹。
これは葉の形で分類されていますが、木材としての性質はというと、針葉樹は広葉樹より軽く加工しやすいというのが大きい特徴です。
針葉樹はスギやヒノキなどに代表されるように樹形が真っ直ぐ曲がりの少ない樹種が多く、そういった点でも真っ直ぐ長い材木が必要な建築で考えれば使いやすいのが分かると思います。
また針葉樹は柔木(ヤワラギ)と呼ばれているように、広葉樹と比べて組織が柔らかくその面でも加工のしやすさが分かると思います。

それでは広葉樹は建築木材としてどのように使われているのか?
広葉樹は針葉樹と対照的に堅木(カタギ)と呼ばれ、その名の通り硬質で比重も大きく重たい特徴です。
この特徴から、強く腐りにくく、ケヤキなどの大黒柱として使用したりします。
また、木目がさまざまで面白く、塗装を施すことで更にその木目がより引き立ち、床板や家具、造作材として多用されています。
ただ前述したように、加工性といった面では針葉樹に劣りますので、今では少し高価な材木という印象がありますね。

木材の特徴は、針葉樹・広葉樹といった大きな分類だけでなく、それぞれの材種・また同じ材種でも産地・材齢等で一本一本違っています。
どの木をどこに使うか?
家造りにおいて、とっても大切なことです。
特に和室のような木を見せるデザインになっている日本建築の手法の中では重要ですね。
[PR]
# by 100nenya | 2005-04-06 15:31 | 木材の性質
c0061400_17524514.jpg

 宿場町は、街道沿いに長く延びる線的構成の町ですが、城下町は城を中心に広がる平面的な構成の町になっています。
そして日本の都市の多くは、その近世の城下町が基盤になっています。
例えば、政治や行政を行う県庁などの場所は、城跡もしくはその近辺に建っていることが多く、また城下町の多くは町割という都市計画が行われていたので、寺町や塩屋町・鍛冶町・大工町などの地名が残されていたりその情緒や名残が感じられる場所は多く存在します。
 しかし幕末40以上も残っていた天守は、明治維新の際に前時代の無用の長物として次々に取り壊され、また太平洋戦争時にアメリカ軍の空襲により焼失してしまい、現存では12天守となってしまいました。
観光としてだけではなく、街の顔(シンボル・ランドマーク)ともいえる城があるのとないのとでは街の印象が大きく違いますね。
 ただ、萩などお城は残っていなくても城跡を中心に、家臣の屋敷や商人・職人の家が意図的に配置され、塀や道路あるいは用水路が計画的に作られていたということが今でもよくわかる城下町もあります。

 昔、犬山の明治村のキャッチコピーで、『私達が行っても懐かしい』というものがありましたが、現存する城や城下町、また宿場町や港町・門前町など散策すると、その時代を知らない私達でも懐かしく、また現在の都市での生活を考えさせてくれます。
 高層ビルがその街のランドマークになるのもいいかもしれませんが、どこへ行ってもその地域性や風土を感じられない同じような『街の顔』より、地域や風土から微妙に違う昔のような街や街の顔があった方が、私個人としてはおもしろいと思うのですが・・・
[PR]
# by 100nenya | 2005-04-03 17:53 | 日本の街並みを考える

町家の目隠し


c0061400_21232091.jpg
京都の町家は、通りに面した2階の窓にスダレを下げていることが多い。
元々、スダレは夏のもので、開け放して風を入れていてもスダレを下げていれば外から中が見えにくいというものです。
しかし、京都の祇園界隈の町家は、冬でもスダレが下がっています。
これは、京都の風俗とも言える光景です。
今でも、祇園界隈を歩くと、舞妓さんや芸妓さんを見かけるように、京都の祇園界隈は、昔から花街として賑わっています。
町家が通りをはさんで向きあって建っている花街は、お互いの家の中が丸見えになるのを嫌い冬でもスダレを下げるようになったのではないかと考えられます。
さて、1階にもそういった視線をもちろん意識しなければなりません。ただ、1階は視線だけでなく、ちん入者の排除ということも考えなくてはいけません。そういったことを考え、昔から1階には格子が使われてきました。
もちろんこういった考え方からすると2階にも格子で構わないわけですが、京都の町家は2階に格子を用いているものは意外に少なく、こういったスダレやその他、目隠しを兼ねた手摺、屋根の上の板塀を建てた町家などがさまざまです。
懐かしさと美しさ、そして親しみやすさや気持ちよさ…現代の我々の感覚と昔の人が花街に抱いていた感覚とは少し違っているかもしれませんが、そんな昔の人の知恵や工夫を感じながら町家が並ぶ通りを歩いてみるのもいいものです。
c0061400_21233148.jpg

[PR]
# by 100nenya | 2005-03-31 21:23 | 日本の家を考える
c0061400_1512923.jpg

鎌倉時代から南北朝時代にかけては、住まいづくりに使われていた工具もあまり変わりなく、鋸(のこぎり…木目に直角に挽く横挽き)、のみ、やりがんな、手斧(ちょうな)、斧など基本的な違いはほとんど見られません。
しかし、それが、15世紀から16世紀によって、設計や工事の技術に飛躍的な発展が可能となりました。
まず15世紀の中ごろに、大鋸(おおが)と呼ばれる縦挽き鋸が現れて、木材の加工、とりわけそれまで貴重品とされていた板材の加工が容易となりました。
板材はそれまで、丸太にのみを打ち込んで割り裂き手斧ややりがんなで削って仕上げていたものが、この大鋸の出現により、天井や壁などに板を豊富に使えるようになりました。
そして、今でも目にする台鉋(カンナ)が出現し、この後、繊細な木割術によって設計された上流階級の住まいの建築には特に不可欠なものとなりました。

今でも新しい工法や技術によって、どんどんと建築の可能性は広がっています。
新しい技術による大空間や全面ガラス張りのような高層ビルなどなど・・・
しかし、その現代の発展は産業的・工業的発展で、急速な技術の発展は人間に謙虚さを忘れさせてしまうものになってしまいます。
技術ももちろん大切ですが、やはり、私たちには技術よりも何が自分に必要なのかを考えたほうが、精神的な開放感は感じられるのかもしれませんね。
c0061400_1512553.jpg

[PR]
# by 100nenya | 2005-03-30 15:13